トップページお知らせ報道発表>2012年>2012/07/12

東京電力のスマートメーターの仕様に関する提言について

平成24年 7月12日
原子力損害賠償支援機構


 原子力損害賠償支援機構と東京電力株式会社(以下、東電)は、東電が導入を予定しているスマートメーターについて、仕様をゼロベースで見直し、必要に応じて改善することを目的として、日本の電力会社として初めて大規模にRFC(Request for Comment)を実施し、計量部仕様に関する意見募集(3/13〜4/13)、通信機能基本仕様等に関する意見募集(3/21〜4/20)を実施いたしました。その結果、延べ88の企業、団体、個人の方々より、通信方式やデータフォーマット、システム拡張、スマートメーターの導入意義など、延べ482件のご意見をいただきました。

 意見募集において提出された全てのご意見について、スマートメーター仕様検討に係る原子力損害賠償支援機構 参与(機構参与)によって精査を行いました。それらを踏まえ、機構参与より「東電スマートメーター仕様に関する提言」を新たに策定しましたので、お知らせいたします。

<別添>東電スマートメーター仕様に関する提言(216KB)PDF
<参考>スマートメーター仕様検討に係る原子力損害賠償支援機構参与名簿

また、意見募集で提出されたご意見及び「東電スマートメーター仕様に関する提言」を踏まえ、東京電力において、東電スマートメーター仕様に関する「基本的な考え方」を新たに策定しましたので、お知らせします。

こちらは東電ホームページよりご覧ください。

<URL>スマートメーター仕様に関する意見募集の結果及び「基本的な考え方」

<お問い合わせ先>
原子力損害賠償支援機構 伊藤・由井
   電話番号:03-5575-3810