トップページ採用情報2015/02/05技術職(安全関係分野、放射性廃棄物分野)

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の職員(2名)の募集について

(募集は終了しました)


平成27年2月5日
原子力損害賠償・廃炉等支援機構


 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策について、国が前面に立って、より着実に廃炉を進めることができるよう支援体制を強化するため、原子力損害賠償支援機構法が改正され、従来の原子力損害賠償支援機構が、平成26年8月18日から原子力損害賠償・廃炉等支援機構に改組されました。
 これに伴い、機構は、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図ることを目的として加え、廃炉等を実施するために必要な技術に関する研究及び開発、助言、指導及び勧告の業務を開始しております。
 そこで、現在、機構では、以下の職務を担当する職員2名を募集しています。

1.職員(計2名)

(1)安全関係分野の技術者(1名)
 @職務内容
・機構が行う廃炉・汚染水対策に関する中長期戦略における安全システム、リスク評価等の安全確保策の検討
・検討結果を踏まえた海外の関連機関との連携・協力
 A求める人材
・原子力安全関連業務に豊富な経験のある方
・海外の関連機関とのコミュニケーション・情報収集に経験がある方

(2)放射性廃棄物分野の技術者(1名)
 @職務内容
・機構が行う廃炉・汚染水対策に関する中長期な取組の技術的検討(特に、放射性廃棄物の処分のための方策、必要となる技術の検討)
・検討結果を踏まえた海外の関連機関との連携・協力
 A求める人材
・放射性廃棄物処分に関連する業務に豊富な経験のある方
・海外の関連機関とのコミュニケーション・情報収集に経験がある方

2.配属
  原子力損害賠償・廃炉等支援機構 廃炉支援部門 技術グループ

3.勤務地
  東京都港区虎ノ門2−2−5 共同通信会館5階
  原子力損害賠償・廃炉等支援機構

4.待遇
  能力・実績等を考慮の上、当機構の給与規程に基づき決定
  各種社会保険、通勤手当、期末勤勉手当あり

5.就業開始
  平成27年3月頃(応相談)
  6か月の試用期間あり

6.提出書類
・履歴書(顔写真付)
・職務経歴書
・1.に記載した要件に関する説明書

7.提出先およびお問い合わせ先
 【提出及び手続きに関するお問い合わせ】
   〒105−0001
   東京都港区虎ノ門2−2−5 共同通信会館5階
   原子力損害賠償・廃炉等支援機構
   総務グループ人事担当 審議役 星
   電話番号:03−5575−3810

 【職務内容について】
   廃炉総括グループ執行役員 鈴木
   電話番号:03−5545−7103

8.書類提出締切日
   平成27年2月27日(金)必着

9.選考方法
  書類選考を通過した方のみに当方からご連絡し、若干名に対し面接を行います。応募のあったものから書類選考を行うため、締切以前であっても面接の連絡をすることがあります。

10.その他
  応募書類に記載されている個人情報は、本採用選考のために使用するものであり、他の目的に使用することはありません。また、応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。